顎関節・顔の歪み・顎関節症対策ならライフバランス松戸顎関節Lab.

顎関節・顔の歪みから身体を考える

ライフバランス 松戸×顎関節Lab.

〒271-0092 千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

千葉県松戸市・柏市の顎関節・顎関節症・顎の痛みなら ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顔がむくみやすい5つの原因とは?自宅で出来る改善法

顔のむくみ

体の浮腫み(むくみ)や、足の浮腫み、顔の浮腫みは女性の気になっている悩みのベスト3に入っています。そのため、浮腫み防止の運動、食べ物や靴下などのグッズがたくさん巷にありますが、それでも最近浮腫みで悩んでいる方が増えているように思えます。

浮腫みと言えば、リンパ液が溜まっていると思っている方が多いと思います。それもあながち間違いではありませんが、正確には違うことを今回知っていきましょう。

何故浮腫みが起きるのかを知り、生活面に変化を与えることで浮腫みが起きづらいが生活を送れるようにしていきましょう。

 まず浮腫みのことを知り、自分自身の体の中で起きていることを正しく知りましょう。

むくみのメカニズム

人間の体には全身を巡るように動脈、静脈と言われる血液が流れる血管とリンパ液が流れるリンパ管が張り巡らされています。心臓の拍動によって酸素にとんだ血液が動脈を通って体の隅々まで送られ、毛細血管にある小さな隙間から細胞の間に染み出していきます。これを細胞間液や間質液と言います。

これらの液体は細胞に酸素や栄養を与え、その代わりに老廃物や二酸化炭素を取り込み、その後最静脈で吸収されて肝臓を経由して心臓へと戻っていきます。

この時に動脈から細胞間に染み出た液体が静脈やリンパ管へ戻れなかった分が浮腫みとなって表れてきます。
原因には
■イオンバランス
■筋肉の不動
■病気
など、、様々な原因があります。

特に重力下で生きている以上、心臓よりも足が下になるために液体が細胞間に溜まりやすく結果として浮腫みになると考えられています。

むくみの種類

病院へ行く必要がある浮腫み

特に全身的に浮腫みが起きる場合はすぐに病院へ行く必要があります。血液、リンパ液が流れていくことに直接かかわる臓器、例えば、心臓、腎臓、肝臓、内分泌系などがあります。これらの臓器に不調が起きた場合は圧痕性浮腫(10秒以上圧迫し、その部分が凹んだ状態を維持している)と呼ばれるものが起きます。この浮腫の戻りの速さでどのような病気にかかっているのかを推測する手助けになることもあります。

このような時はご自身で判断せずに病院へ早く受診することを勧めます。

運動で回復できる浮腫み

局所的な浮腫みでも怪我や炎症、静脈、リンパ管の閉塞などが原因の場合もありますが、単純に間質液が貯留している状態のこともあります。この間質液が溜まっているだけであれば、運動で回復する可能性が十分あります。よく人には2つのポンプがあると言いますが、この2つのポンプがしっかりと働くことで浮腫みを軽減させることが出来ます。1つは心臓、もう一つはふくらはぎの筋肉です。最近では座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事が増えたため、「心臓」、「ふくらはぎ」の動き、働きが低下して体全体の液体の流れが弱くなっています。この2つのポンプを元気に働かすことで浮腫みを軽減させる可能性は十分にあります。

顔のむくみは朝に起きやすい!?

基本的には顔の浮腫みも、足の浮腫みも上記の理由により起こります。しかし、顔の浮腫みはほとんどが朝に起きます。これは他の浮腫みと少し異なる理由があるので、今回それを話していきます。

顔は心臓よりも高い位置にある

 起きている間は顔の高さは心臓よりも高い位置にあります。心臓よりも高い位置にあるため、起きている時は重力の力も借りて間質液は静脈、リンパ管に戻ってきます。しかし、寝ている間は顔の位置が心臓と同じくらいになるため、重力の力を借りて浮腫みが軽減することは出来なくなります。また、寝ている時にうつ伏せになると余計に顔の位置が下になるために浮腫みが増える可能性があります。朝起きた時に瞼まわりがパンパンになっている時はうつ伏せで目覚めた時は多いかもしれませんね。

 寝ている間、顔の筋肉はあまり動かない

 睡眠にはレム睡眠(急速眼球運動を伴う)とノンレム睡眠(急速眼球運動を伴わない)があります。睡眠に関しては他の記事で。

上記でも記載しましたが、浮腫みの予防には運動が必須になります。レム睡眠の時は眼球の運動だけではなく、体自体も動いています。その時に寝返りをうったり寝言を言ったりします。しかしながら、顔の筋肉はそんなに動いている訳ではないため、朝起きた時に浮腫んでいる状態になります

長時間の睡眠・寝過ぎはむくむ!?

 人の一般的な睡眠時間は7-8時間程度と言われています。仕事や勉強で疲れたり、飲みすぎた日は長く寝て、その後も起きずにダラダラと過ごすことが多いと思います。体全体の筋肉が動かないことによって顔だけではなく全身の浮腫みを増やすことになります。疲れていてもいつも通りに過ごすことが浮腫み防止には繋がります。

頭蓋骨や顔の歪みにより筋肉がバランスよく働けない

 頭蓋骨の歪み、顎の痛みや顔の歪みがある方は起きている時に顔の筋肉が左右バランスよく使えていたなことが多く、これが浮腫みの原因になってきます。よく使っている側は筋肉の収縮があるために、しっかりと筋肉の固さと柔軟性がありますが、あまり使わない側は少し腫れぼったい感じになっていることがあります。これは顎や歯の治療をまずは行い、前回記載したような顎が痛まないような運動をすることをお勧めします。

最近では頭蓋骨矯正が流行っていますね。頭蓋骨矯正はカイロプラクティックでもかなり上位のテクニックです。

むくみに対するセルフケア!

 睡眠環境を整える

 眠りの質が悪いと気持ちよく眠ることが出来ません。寝室も大切ですが、寝る前の2時間程度の過ごし方で睡眠の質は変わってきます。良い睡眠をとる為にはメラトニンという物質が適度に出る必要があります。これは明るさと関係しますので、夜の室内の電気はあまり明るくし過ぎずに、スマホなども出来たら触らないようにしましょう。また、布団も寝返りが自由に出来るように周りに何も置かないことをお勧めします。浮腫みの一番の原因は筋肉が動かないことのため、寝返りが自由に出来ないと浮腫みを増やすことになる為、睡眠環境は良いものにしましょう。

 水分、塩分の摂りすぎは避ける

バランスの良い食事を心がけ、寝る前の2時間前には食事は終えるようにしましょう。最近では浮腫み防止用の飲み物も売っているので、体の中のイオンバランスを整えるためにそのような飲み物を摂取することを良いことだと思います。

寝る前に軽い運動をする

特に顔の浮腫みは口と肩、首の筋肉が関わってきます。その部分の筋肉をしっかりと動かしてから眠ることで朝の浮腫みの軽減に繋がります。出来れば一番浮腫みに関わるふくらはぎの筋肉をお風呂などでマッサージを行い、その後顔周囲の筋肉を動かすことでより一層浮腫みを抑えることが出来ると思います。運動の方法は肩こり、首こりに対する運動で十分で、また口に関しては法令線を軽減する運動がネットにもありますので、それを行ってみてはいかがでしょうか。

今流行りの小顔・頭蓋骨の矯正について

 毎日は難しいかもしれませんが、出来る時にやっていきましょう。今回の記事が、少しずつ顔の浮腫みを抑えてスッキリしたお顔で過ごせる助けになることを願っています。

顔のむくみは輪郭がぼやけることで顔が大きく見えてしまいます。
最近では頭蓋骨矯正なども流行っています。頭蓋骨矯正はカイロプラクティックの中でも上級のテクニックで、解剖学や生理学、整体力学を知ったうえで、繊細な頭蓋骨をゆっくりと矯正をします。様々なやり方があるとは思いますが、頭蓋骨矯正を受ける際に気を付けて頂きたい事は
※顔を小さくしようとするあまりに強く押して痛い。
※脳脊髄液を流すという目に見えないものを商品にする
※ビフォーアフターの写真の明るさ等錯覚を利用している
※1回の料金が高く、今後は持続すると謳う
等にお気を付け下さい。

顔のむくみがとれれば、今よりは小顔になります。大切な日や鏡をみて憂鬱な日など、小顔の矯正をしてみたいとも思うかもしれません。まずは浮腫みを解消して、今よりすっきりとしたフェイスラインを目指しましょう。矯正で顔の輪郭が変わる事はありません。歯の状態や姿勢、そして元々の骨格があるので劇的に小顔になることは不可能です。
もし本当に小顔の近道ならば、美容整形外科でボトックス注射をうち、咀嚼筋を萎縮させることで劇的に輪郭は変わるのではないのでしょうか。ただ咀嚼筋は連動して動くので、萎縮させることは身体のメカニズム的には??ではあります。そこらへんは臨床経験豊富な医師に相談してみると良いかと思います。テレビをみていると、芸能人は恐らくボトックス注射をしている方も多いかと思います。咬筋の緊張は必要以上に顔を大きく見せます。なので小顔を目指すのであれば圧倒的に効果的ではあるかと思います。

病院以外の小顔を目的とした頭蓋骨の矯正などの店はあくまでも「むくみ」をとっていると思ってください。そもそも頭蓋骨矯正など多くの施術者が出来ないと考えてもらった方が良いかと思います。しっかりと出来るようになるには少なくとも5年はかかるのではないでしょうか。

もちろん、頭蓋骨・顎の関節の状態は「顔の浮腫み」に関わります。しかし頭蓋骨や顎に対する施術や矯正は、ホリエモンの寿司屋はすぐ出来るといった「見かけ上の寿司」のようにすぐ出来るものではありません。健康リスクに関わります。

小顔を目指すのであれば
※毎日、セルフケアをしてみる
※エステなど、むくみをとる優しいリンパの施術等をしてもらう
※頭蓋骨や顎そして全身の筋骨格系の施術が出来る専門家の施術を受ける
※美容外科にいって、外科的手術ではない方法を聞く
といった選択肢が一番良いかと思います。

当院では小顔の施術は行っておりません。身体の状態に合わせた頭蓋骨の矯正や顎の矯正などは行っております。小顔を目的とした頭蓋骨矯正は行っておりませんので予めご了承ください。

顎関節の動きから症状を考える顎関節Lab.

ライフバランス松戸
顎関節Lab.

お気軽にお問合せください。

047-361-1233

住所

千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

営業時間

平日・土曜 10:00~19:00
日曜・祝日 10:00~18:00

休業日

火曜 水曜 

 
午前××
午後××

セミナーの開催や参加により臨時休業の場合あり。

顎関節症例

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顎関節症,松戸

児嶋 俊樹
B.C B.Sc (chiro)

臨床経験数万件に及ぶ、経験と実績により皆様を健康へと導きます。
ご相談お待ちしています。

学位・資格
  • 豪州カイロ大学卒
  • ARTの上肢・下肢・脊椎修了
  • 国際スポーツカイロ全過程終了
  • 臨床実績2万件以上

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

google-site-verification: googlecdbfc8b80278554a.html