顎関節・顔の歪み・顎関節症対策ならライフバランス松戸顎関節Lab.

顎関節・顔の歪みから身体を考える

ライフバランス 松戸×顎関節Lab.

〒271-0092 千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

千葉県松戸市・柏市の顎関節・顎関節症・顔の歪みなら ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顎関節症に対する一般的な治療法と他の対処法

顎関節症の3大徴候

☑ 顎がズキズキ痛い
☑ 口を開けると「パキパキ、バキッ、ミシミシ」音が鳴る
☑ 口を開けようと思っても違和感、抵抗感があり、大きく口を開ける事が出来ない
これらの症状を持っている方が病院や歯医者さんに行くと「おそらく顎関節症ですね」と言われることが多く、これがいわゆる「顎関節症」の
3大徴候と言われています。

生活習慣の影響で顎関節症の方が増加中

最近の生活様式の変化で、この「顎関節症」で悩んでいる方が増えてきているのが現状です。
☑ デスクワークによって体を動かすことが減っている。
☑ 片肘を付きながら仕事をしている。
☑ 硬いものを食べる習慣が減り、顎を動かす筋肉が弱っている。
などなど。

顎への生活習慣が昔と比べて悪くなり、顎が弱くなっている人が増えてきていると思います。当院にいらっしゃる方でも「顎に痛みが、顎に違和感が、口が開けにくい」と悩んでいる方が以前よりも増えています。

顎関節症になったら、どこで治療をすれば良いの?

 インターネットを見ていると、「顎関節症」はどこに行って治療を行っていいのかで悩んでいる方が沢山いらっしゃるように思えます。
☑ 歯医者さんに行っても治るのかな?
☑ どこの歯医者さんが良いのだろう。近くに口腔外科はないな。
☑ 整体が良いって友人は言っていたし行ってみるかな。
☑ マウスピースが削れて何回も作っても良くならないな。
など悩んでいる声があがっているようです。

 顎関節Lab.にいらっしゃる皆様も、
「何件か歯医者さんを回った」
「都内に顎関節症で有名な先生が居るから通っていた」
「他のカイロプラクティックや整体に行ってみました」と、何件か回った後にいらっしゃる事が多いように見受けられます。裏を返すと、どこに行っても中々改善がみられないため、納得できる治療や対処法を探しているのが現状だと思います。

顎関節症に対する一般的な治療法と他の対処法

今回はその方々に自分自身がどこに行けば良いのか、少しでも答えになるものが準備できないかと思い、「顎関節症に対する一般的な治療法と他の対処法」をまとめました。

顎関節症で悩んでいる方がどのような治療を行っているのかご存知でしょうか。
①一般的には町の歯医者さん 症状が重いと口腔外科。
②上記の機関に行っても症状の改善が少ない、または全くない場合は他の代替医療(通常医療の代わりに用いられる医療)に足を運ぶのが一般的かと思います。

 

では、①歯医者さんor口腔外科 ②代替医療、でどのようなことを行っているのかを詳しく書いていきますので、ご参考にして頂ければと思います。

歯医者さん 口腔外科での顎関節症に対する治療

来院すると受付で問診票をもらい、それに顎が痛くなるまでの過程を記入することになります。そして、先生の問診、レントゲン検査、噛み合わせのチェック、口の開口度合などを調べることが一般的だと思います。歯のすり減りから「歯ぎしりがありますね、歯がすり減っていますね」と言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯科衛生士さんから顎の筋肉のマッサージの仕方を教えて貰ってセルフケアをしましょうと言われることもあると思います。

それでは、歯医者さん、口腔外科で行う一般的な治療法を記載していきます。

スプリント

まず一般的で皆さんがご存知なのが「マウスピース」です。これはいわゆる歯ぎしり、噛みしめによって口を閉じる筋肉が硬くなって顎関節症を発症した時に使用します。歯ぎしりなどで歯のすり減りを予防すること、無意識に噛む筋肉を使うことを予防する目的で使われます。

物理療法

痛む部分に対して基本的には温めたり冷やして痛みを軽減させたり、レーザー治療、電気治療などを行っている歯医者さんもあります。これは傷んだ靭帯や筋肉に対して物理的な刺激を加えることで痛みを和らげ、修復する速度を上げる目的で行っています。

認知行動療法・運動療法

また、日常生活での顎への悪い習慣等を見つけ出し、その行動を自覚してもらい生活習慣を改める事、口の開け閉めを真っ直ぐになるように運動を指導する事もあります。悪習慣とは「うつ伏せで寝る、片肘をついて顎を圧迫する、噛む時に片側で噛む癖がある、虫歯があって片側で噛むようになった」など、顎に不均一に力がかかることを指しています。

薬物療法

口を閉じる筋肉が過剰に収縮している部分に対して筋弛緩剤、痛みに対しては痛み止め、眠れない方には入眠剤や抗不安薬などを処方する事もあるようです。

口を閉じる筋肉が過剰に収縮している部分に対して筋弛緩剤、痛みに対しては痛み止め、眠れない方には入眠剤や抗不安薬などを処方する事もあるようです。

手術

顎関節自体に変形などがある場合(重症)は手術なども行い、顎関節が正常に動くように治療を行っていきます。
上記以外にも「顎関節症」を専門的に治療している口腔外科などでは別の検査や治療もあるようですが、一般的なものはこれらになります。

 では一方、補完・代替医療はどのようなことを行っているのでしょうか。この部分が

補完・代替医療

まずは「補完医療」「代替医療」とは一体何なのでしょうか。これはWikipediaに以下のように記載されています。

補完医療とは、「通常医療を補完する医療」、代替医療とは、「通常医療の代わりに用いられる医療」と書かれています。

アメリカでは生薬、ハーブなどを使う「天然物」と、鍼治療、マッサージ、脊椎マニピュレーション(カイロプラクティック含む)などの「心身療法」を補完・代替医療と認めているようです。

一方日本ではアメリカほど正確に分類はないようですが、大枠で中医学、アーユルヴェーダなどの「伝統療法」、整体やカイロプラクティック(諸外国ではドクター)などの「民間療法」、食事や食事法などの「栄養療法」、現代一般的ではない「最先端治療」などを補完・代替医療と考えています。

それでは、補完・代替医療でどのようなことを行っているのかを記載していきます。

基本的には上記の歯医者さんと同じように顎が痛むまでの過程を書類に記載してもらうのが一般的です。それをベースとして患者様にその医療に関わる部分に対して質問を行っていきます。食事や運動、休息などの生活習慣や事故・怪我などの顎への悪影響の原因を探っていきます。

 

では、補完・代替医療で行っている顎関節症の治療を紐解いていきましょう。

鍼灸治療 

補完・代替医療の代表と言えば鍼治療だと思います。WHO(世界保健機関)でも正式な補完・代替医療として鍼灸とカイロプラクティックは認められています。鍼治療の特徴は、「自然治癒力」を高める事が第一の目的になります。鍼で刺激を加える事によって傷んだ組織に血流が生まれ、組織の再生が活性されます。また、傷んだ患部に直接刺激を加える事で痛みの緩和が起きる事も分かっているそうです。

接骨院・整骨院

接骨院・整骨院など、柔道整復師の資格を持っている方がやっている治療院でも顎関節症を対応している場所があります。本来このような治療院は急性期の症状を扱うことに慣れているので、痛みの緩和は得意分野なのかもしれません。また、顎を動かす筋肉に対して電気治療なども行い、筋肉の緩和や痛みの軽減を行っているようです。

カイロプラクティック

神経、関節、筋肉の専門家のカイロプラクティックでは顎関節に関わる部分の影響を細かく調べていきます。特に他と異なる部分は、症状だけに焦点を当てずに体全体を調べて歪みを整えることだと考えられます。体に歪みを生じると顎は高確率で問題を生じてきます。体全体を整え、その結果として顎関節にかかる負担を軽減させていくことが症状に的を絞る他の医療と異なる部分だと考えられます。

 

これら以外の補完・代替医療もあると思いますが、「顎関節症」に対して情報を得られるのは上記になります。

ご自身の大切な顎関節を守るためにもしっかりと顎に問題を起きている原因を調べ、親身になって対応してくれる先生と出会うこと、また、ご自身でも何故顎関節症になってしまったのかを振り返ることがこの先顎に痛みを生じずに生活を送るためには必要です。

食事をする、話したり笑ったりする時に顎に痛みがあるととても不快です。この情報が全身の健康を維持するために大切な顎を守るための参考になることを願っています。

 

顎関節への治療法や対処法のまとめ

統合的に対処することがお勧めです。

痛みや辛さの症状を考える時、症状をとにかく良くしたいと考えるのは当たり前の子ことです。しかし症状改善ばかりに目が行くと、なかなかうまくいかずに袋小路に入る事があります。
顎関節症が何故なったのかを考える事が大切です。急になるものではありません。
※歯の問題
※噛合せの問題
※生活習慣の問題
※身体の機能的な問題
※構造的な問題
などが積み重なり現在の顎関節症が出ていると考えましょう。

その際に、歯科医は口腔外科に相談する事は必須だと考えます。まずは医学的にどうなっているかを確認し対処する事は必要です。
カイロプラクティックでは症状の部位のみではなく、身体全体の問題、そして顎関節に関わる筋肉や靭帯など組織の動きや働きの問題を考え、正常化するように働きかけます。

当院では両方を上手に使いながら症状の改善を促す事が大切だと思います。

ちょっとしたきっかけで症状は良くなります。

皆さまのきっかけになれるように努めて参ります。ご相談お待ちしております。

運営情報

ライフバランス松戸
顎関節Lab.

お気軽にお問合せください。

047-361-1233

住所

千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

営業時間

平日・土曜 10:00~19:00
日曜・祝日 10:00~18:00

休業日

火曜 水曜 

 
午前××
午後××

セミナーの開催や参加により臨時休業の場合あり。

顎関節症例

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顎関節症,松戸

児嶋 俊樹
B.C B.Sc (chiro)

臨床経験数万件に及ぶ、経験と実績により皆様を健康へと導きます。
ご相談お待ちしています。

学位・資格
  • 豪州カイロ大学卒
  • ARTの上肢・下肢・脊椎修了
  • 国際スポーツカイロ全過程終了
  • 臨床実績2万件以上

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

google-site-verification: googlecdbfc8b80278554a.html