顎関節・顔の歪み・顎関節症対策ならライフバランス松戸顎関節Lab.

顎関節・顔の歪みから身体を考える

ライフバランス 松戸×顎関節Lab.

〒271-0092 千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

顎関節・顔の歪みから身体を考える専門家 ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顎関節とパフォーマンス

顎関節と身体的パフォーマンスとの関わり

このホームページの最初のページにも記載しましたが、顎関節の状態と身体のバランス・パフォーマンスには関わりがあります。

今年の甲子園球児たちの歯がとても白くきれいな子たちが多かったのが印象的でした。現在野球ではマウスピース使用を推奨されています。彼らはマウスピースを使用し、顎周囲の怪我を避け、身体のバランス・パフォーマンスを上げていたのだと思います。

スポーツ選手、格闘家の方の多くがマウスピースをしているのは一体なぜだと思いますか? 歯が痛いから?歯を壊さないため?歯並びが悪いため?噛み合わせをよくしたいため?

これらの目的もありますが、一番の目的は身体的バランス・パフォーマンスを向上させたいためだと私は考えています。

噛み合わせの崩れによって身体全体に筋肉の緊張が変わってきます。

例えば、噛み合わせと片足立ちバランスの関係だと、

右の歯で強く噛んで片足立ちするときと、左の歯で強く噛んで片足立ちするときのふらつきは差が出ます。

また、元々片足立ちにふらつきがある足が左右どちらかの歯を強く噛むことでバランスを取れることもあります。

これらは噛む動作に関わる筋肉(咬筋、側頭筋、内外翼突筋)に収縮が起き、それとバランスを取る筋肉が首の前後に付いています。そして、首の筋肉とバランスを取っているのが、胸や肩、背中となり足の方までバランスを取っています。

噛み癖などがあると、筋肉の使用バランスが崩れるためマウスピースの使用によってその部分を補っています。

しかしながら、マウスピースで良い噛み合わせを作るもの良いことですが、天然の自分の歯、自分の顎で一番良い状態を作り上げることが出来れば最高のことだと思います。

スポーツ・格闘技でバランス・パフォーマンスUPを考えている方からのご相談をお待ちしています。

噛み合わせが良くなると、寝ているときの歯ぎしりも減る傾向にあります。これは起きているときの左右の噛む筋肉の使用回数の差が減り、寝ているときにその差を埋めなくてもよい結果だと考えられています。

次は顎関節と身体の不調について

運営情報

ライフバランス松戸
顎関節Lab.

お気軽にお問合せください。

047-361-1233

住所

千葉県松戸市松戸1836目黒ビル1階2階

営業時間

平日・土曜 10:00~19:00
日曜・祝日 10:00~18:00

休業日

火曜 水曜 

 
午前××
午後××

セミナーの開催や参加により臨時休業の場合あり。

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

顎関節症,松戸

児嶋 俊樹
B.C B.Sc (chiro)

臨床経験数万件に及ぶ、経験と実績により皆様を健康へと導きます。
ご相談お待ちしています。

学位・資格
  • 豪州カイロ大学卒
  • ARTの上肢・下肢・脊椎修了
  • 国際スポーツカイロ全過程終了
  • 臨床実績2万件以上

ライフバランス松戸 顎関節Lab.

google-site-verification: googlecdbfc8b80278554a.html